(昭和39年7月1日規則第3号)