(平成23年3月18日美幌町条例第8号)
改正
平成27年3月19日美幌町条例第21号
平成27年3月19日美幌町条例第2号
 
目次
 前文
 第1章 総則(第1条-第4条)
 第2章 情報共有(第5条-第11条)
 第3章 町民参加(第12条-第16条)
 第4章 住民投票(第17条・第18条)
 第5章 町民(第19条-第21条)
 第6章 協働・コミュニティ(第22条-第26条)
 第7章 議会(第27条-第31条)
 第8章 行政(第32条-第35条)
 第9章 行政運営(第36条-第43条)
 第10章 連携・協力(第44条-第47条)
 第11章 条例の見直し等(第48条・第49条)
 第12章 最高規範(第50条)
 附則
 
私たちのまち美幌町は、「水多く・大いなるところ」を意味するアイヌ語「ピ・ポロ」を語源とし、景勝地美幌峠を源とする美幌川と、阿寒山系を源とする網走川に育まれた、自然豊かなところです。
 美幌町は、先人の英知とたゆまぬ努力により、美幌峠に代表される恵まれた自然環境を守り、豊かな歴史や文化を築き、農林業を中心とした産業を育て、快適な都市基盤を整備するとともに、様々な福祉施策の充実を図り、住みよい、町民が誇れるまちとして発展してきました。
 私たちは、先人が守ってきた自然環境、築いてきた歴史や文化、そして、町民憲章にいう「ながい開拓の歴史と、輝かしい産業の町を誇りとして、おたがいのしあわせをねがい、ゆたかな明るい町」をつくり、これらを次の世代に引き継ぐ責任があります。
 私たちは、地域主権型社会や少子高齢社会の到来により、今後、多くの課題を自分たちの責任で考え、解決していかなければなりません。そのためには、情報の共有と町民参加を進め、私たちみんなで自治を築いていかなければなりません。
 私たちは、今ここに、町民、議会及び行政それぞれの役割と責務を改めて認識し、町民主権による自治を確立することを決意し、自治の最高規範となるこの条例を制定します。
(目的)
(用語の定義)
(基本理念)
(基本原則)
(情報の共有)
(情報の提供)
(説明責任)
(情報公開)
(個人情報保護)
(町民の意見等)
(会議の公開)
(町民参加の基本)
(町民参加の対象)
(町民参加の方法)
(提出された意見等の取扱い)
(審議会等の委員の選任)
(住民投票)
(住民投票の請求等)
(町民の権利)
(町民の役割)
(事業者の役割)
(協働の推進)
(コミュニティ)
(コミュニティの役割)
(町民とコミュニティ)
(行政とコミュニティ)
(議会の責務)
(議員の責務)
(町民との情報共有と町民参加)
(町長等と議会及び議員との関係)
(自由討議)
(行政の責務)
(町長の責務)
(就任時の宣誓)
(職員の責務)
(総合計画)
(財政運営)
(行政評価)
(行政改革)
(行政手続)
(政策法務)
(危機管理)
(公益通報)
(町外の人々との連携及び協力)
(他の市町村との連携及び協力)
(国及び北海道との連携及び協力)
(国際社会との交流及び連携)
(条例等の見直し)
(美幌町自治推進委員会)
(最高規範)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
(経過措置)