(平成23年4月1日制定)
改正
平成24年3月21日一部改正
平成24年6月19日一部改正
平成25年4月1日一部改正
平成28年3月11日一部改正
平成29年2月15日一部改正
(通則)
(目的)
(定義)
(補助の対象住宅等)
(施工業者の資格登録)
(補助金の額)
(補助金の交付の申請)
(補助金の交付の決定)
(着手の届出)
(内容の変更等)
(実績報告等)
(補助金の額の確定等)
(交付決定の取消し)
(補助金の返還)
(延滞金)
別表第1(第3条関係)
区分工事内容
増築 既存の住宅部分の存しない箇所に、住宅部分の床面積を増床する工事又は住宅部分以外の部分を住宅部分に変更し、住宅部分の床面積を増床させる工事
改築 既存の住宅部分の一部を取り壊し、当該住宅部分が存した箇所に住宅部分を改めて建築する工事
修繕1 住宅の耐久性を高めるための工事で、次に掲げる工事
 (1) 基礎、土台、外壁、柱、ひさし、屋根、床、内壁、天井等の工事
 (2) 塗装工事
 (3) 建物のかさ上げ工事又は床を高くする工事
 (4) その他耐久性を高めるために必要な工事
2 住宅の安全上又は防災上必要な工事で、次に掲げる工事
 (1) 基礎若しくは土台の敷設工事又は補強工事
 (2) 柱、はり等について有効な補強を行う工事
 (3) 筋かい、火打等による補強工事
 (4) 外壁を防火構造とする等防火性能を高める工事
 (5) 屋根を不燃材で葺き替える等の工事
 (6) 避難施設、防火設備又は換気設備の設備工事
 (7) その他安全上又は防災上必要な工事(バリアフリー化工事を含む。)
3 住宅の居住性を良好にするための工事又は住宅の衛生上必要な工事で、次に掲げる工事
 (1) 間取りの変更等の模様替えを行う工事
 (2) 開口部等を設ける工事
 (3) 台所、浴室又は便所を改良する工事
 (4) 建具の取替え等の工事
 (5) 壁紙の貼り替え工事
 (6) 遮音工事
 (7) その他居住性を良好にするため又は住宅の衛生上必要な工事
外構 冬期間の除雪の負担軽減を図るための工事で、次に掲げるもの
 (1) 融雪槽
 (2) ロードヒーティング
 (3) その他住宅の出入口部等の除雪負担軽減に資する工事
環境負荷
低減工事
 環境負荷低減に資する工事で、次に掲げるもの
 (1) 高断熱構造化工事及び高気密化工事
 (2) ヒートポンプ等による二酸化炭素排出の低減に資する設備工事
 (3) その他環境負荷軽減に資する工事
別表第2(第4条関係)
区分要件等
対象住宅 補助金の交付対象となる住宅は、次の各号のいずれにも該当するものとする。
 (1) 町内に存する住宅であること。
 (2) 建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項に規定する建築基準関係規定に適合する住宅であること。
 (3) 事業年度内において、建築後5年以上を経過していること。
対象工事1 補助金の交付対象となる工事は、次の各号のいずれにも該当するものとする。
 (1) 補助金交付決定前に着手していない改修工事
 (2) 町内建設業者が自ら行う改修工事
 (3) 改修工事に要する費用(消費税及び地方消費税に相当する額を除く。)が50万円以上のもの
2 前項第3号に規定する改修工事に要する費用には、次に掲げる額は含まないものとする。
 (1) 住宅と当該住宅以外の部分を併せた改修工事の場合は、当該住宅以外の部分の床面積(当該改修工事に係る床面積に限る。以下同じ。)を当該住宅部分の床面積(当該改修工事に係る床面積に限る。)と当該住宅以外の床面積の合計で除して得た割合に当該改修工事に要する費用を乗じて得た額
 (2) 美幌町水洗便所改造等資金貸付条例(昭和56年美幌町条例第27号)の規定に基づき、資金の融資を受けたときは、当該改修工事に要した費用の額
 (3) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)の規定に基づき、厚生労働大臣が定める日常生活に必要な便宜を図るための住宅の改修費を、本町が行う制度により当該改修費の給付を受けたとき は、当該改修工事に要した費用の額
 (4) 介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく居宅介護住宅改修費又は介護予防住宅改修費の給付対象となる費用の額
 (5) 国、北海道、美幌町その他公共団体等から資金として補助金、交付金等の交付を受けて改修工事をした場合は、当該工事に要した費用の額
交付対象者1 補助金の交付を受けることができる者は、当該別表の対象住宅及び対象工事の要件を満たした改修工事を行う者で、次の各号のいずれにも該当するものとする。
 (1) 本町に住所を有する者(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき美幌町の住民基本台帳に記録されている者をいう。)又は本町に住所を有しようとする者。
 (2) 改修工事を行う住宅の所有者であり、かつ、当該住宅に現に居住している者又は工事完了後居住する事が確実であると町長が認める者。
 (3) 改修工事を行う住宅の所有者及び同一世帯に属する者全員が町税等を滞納していないこと。
 (4) 美幌町暴力団の排除の推進に関する条例(平成25年美幌町第35号)第7条第1項に定める暴力団員等でない者。
2 補助金の交付は、同一住宅及び同一人について1回限りとする。 
様式第1号(第5条関係)

様式第2号(第5条関係)

様式第3号(第7条関係)

様式第4号(第7条関係)

様式第5号(第9条関係)

様式第6号(第11条関係)

様式第7号(第13条関係)

様式第8号(第14条関係)