(平成29年3月29日要綱第18号)
(目的)
(交付対象児)
(助成金の算定基礎)
(助成金の額)
(交付申請)
(交付決定等)
(補聴器等の購入)
(助成金の請求及び支払)
(その他)
別表(第3条関係)
区分補聴器等の名称1台当たりの基準価格基準価格に含まれるもの耐用年数
補聴器軽度・中等度難聴用ポケット型43,200円1 補聴器本体(電池を含む。)
2 イヤーモールド
5年
軽度・中等度難聴用耳かけ型
52,900円
高度難聴用ポケット型
43,200円
高度難聴用耳かけ型52,900円
重度難聴用ポケット型64,800円
重度難聴用耳かけ型
76,300円
耳あな型(レディメイド)87,000円補聴器本体(電池を含む。)
耳あな型(オーダーメイド)137,000円
骨導式ポケット型70,100円1 補聴器本体(電池を含む。)
2 骨導レシーバー
3 ヘッドバンド
骨導式眼鏡型127,200円1 補聴器本体(電池を含む。)
2 平面レンズ
補聴援助システム送信機98,000円本体(充電池を含む。)5年
受信機80,000円本体
オーディオシュー5,000円
備考 1 軽度・中等度難聴用ポケット型、軽度・中等度難聴用耳かけ型、高度難聴用ポケット型、高度難聴用耳かけ型、重度難聴用ポケット型及び重度難聴用耳かけ型のイヤーモールドを必要としない場合は、基準価格から9,000円を減ずる。
2 軽度・中等度難聴用ポケット型、軽度・中等度難聴用耳かけ型、高度難聴用ポケット型、高度難聴用耳かけ型、重度難聴用ポケット型及び重度難聴用耳かけ型の補聴器本体が乳幼児用の場合は、基準価格に4,500円を加える。