(平成14年3月)
行事対象慶意・弔意等の方法
1 慶事(ア) 本人(議員)・子(後継者)の結婚2,000円/1議員
(イ) 叙勲、議員として表彰の受賞議場で伝達又は報告
2 病気負傷 本人の10日以上入院
 (協議によって期間の短縮ができる。)
2,000円/1議員
3 弔事(ア) 本人の死亡3,000円/1議員
追悼演説及び黙祷
(イ) 配偶者の死亡2,000円/1議員
(ウ) 同居の親・子の死亡1,000円/1議員
(エ) 同居の孫・祖父母・兄弟姉妹及び同居してない血族の親・子・兄弟姉妹の死亡弔電/全議員
(オ) 元・前議員の死亡弔電/全議員
(カ) 知名士の死亡議長の専決による。
4 災害 火災・風水害等による被災1,000円/1議員
5 その他 上記の特殊事情又は上記以外の場合その都度協議する。
特記上記に対して返礼の贈物はしない。